お知らせ&最新ニュースRSS

2016/04/15 第41回食肉産業展2016 二日間で4万8千人が来場 食肉コンテスト結果速報

4月13日に開幕した第41回食肉産業展2016は、2日間で4万5千人を超す来場者を数え前回を更に上回る盛況ぶりです。
ご好評いただいている「全国銘柄食肉コンテスト」も2日間の一般試食審査を終え3部門の優秀者が決まりました。今回、牛肉コンテストが加わりコンテスト会場は最高の盛り上がりで試食待ちのお客様の列を出展社の小間にかからないよう捌く作業でスタッフは大わらわです。
それではたった今発表されたコンテストの結果をお知らせします。

<第14回銘柄ポーク好感度コンテスト>投票数337
最優秀賞=甲州富士桜ポーク(山梨県銘柄豚普及推進協議会)
優 秀 賞=オリーブ豚(オリーブ豚振興会)
優 良 賞=信州太郎ぽーく(襯織蹇璽侫 璽燹


<第12回地鶏・銘柄鶏食味コンテスト>投票数359
最優秀賞=太陽チキン(東富士農産蝓
優 秀 賞=大地のハーブ鶏(米久蝓


<第一回銘柄牛肉好感度コンテスト>投票数329
最優秀賞=信州桜井和牛(螢縫船譽ぅ侫譽奪轡紂
優 秀 賞=前沢牛(岩手前沢牛協会)
優 良 賞=京都肉(京都肉流通推進協議会)

詳細は本展示会のオフィシャル媒体、日刊食肉速報、週刊食肉通信 月刊ミートジャーナルで特集報告致します。

2016/03/29 無料招待券の配布は終了いたしました。

完売御礼!! 無料招待券の配布は終了いたしました。
ご好評いただきました無料招待券の配布は終了ました。
多数のお問い合せありがとうございました。
ご来場、ご視察ご希望の方は有料当日券をお求め頂くか、ほか7展主催者にお問い合わせください。
http://www.shokuniku-sangyoten.jp/
http://www.fabex.jp/
http://www.koelnmesse.jp/
http://www.mensanten.com/
http://www.jhfp.jp/
3月24日現在の7展示会の開催規模は905社1481小間に達しています。
オードブルからメインディッシュ、デザート、スイーツ、ドリンク、アフターコーヒーに至るまでの業務用食品ビジネスが集う国内唯一の総合専門見本市にご期待ください。

2016/03/03 「第41回食肉産業展2016」主催者セミナーのお知らせ

第41回食肉産業展2016 セミナー
「産地畜産物の付加価値化への提言」
受講申込受付中!!

食肉産業展実行委員会が主催する食肉業界唯一・ 最大のイベント「第41回食肉産業展2016」が4月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイト東4ホールで開催されます。

本展示会の主催者企画では、昨年6月に施行された「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」いわゆる『地理的表示法』(GI制度)に関連した食肉情報セミナーを開催いたします。
テーマは「産地畜産物の付加価値化への提言」です。
講師には世界における食品法のエキスパートであり、日本の食品政策と農業政策に精通する
盒仰霪鷸瓠淵肇ァ璽襦璽座膤慄ヽ愬郢痢東京大学農学生命科学研究科非常勤講師) をお迎えし、
グローバル社会における日本の農畜産業が歩むべき道を探ります。

<主な内容は>
◎「地理的表示制度」の思想から世界での施行実例
◎貿易立国である日本がヨーロッパ型の地理的表示制度を選択し成立させたことの意義
◎運用にあたる生産者団体やグループの役割
◎食肉加工品での付加価値付けへの期待
◎ブランドの強化と輸出への対応

日本の食を多様性に富みさらに豊かなものにしつつ農家所得の向上を図っていくための
「地理的保護法(GI制度)」の有効利用方とは・・・関係者必修のセミナーです。


◇受講料はテキスト・消費税込 2,000円
受講を希望される方は申込書をWeb食肉産業展よりダウンロード
http://www.shokuniku-sangyoten.jp/outline/images/plan02.pdf
必要事項を記入の上
FAX03(3663)2015でお申し込みください。
折り返し受講券をお送りいたします。
受講料は講演日当日、テキスト資料と引き換えにご精算となります。

食肉産業展 出展のご案内

  • 出展までの流れ
  • 出展規定
  • 出展企業様一覧(2013年実績)
  • 新刊のご案内
  • 週刊食肉通信
  • 月刊ミートジャーナル
  • 日刊食肉速報

ページの先頭に戻る