銘柄食肉好感度コンテスト

豚・鶏18銘柄が会する

 食肉産業展恒例の人気イベントである「銘柄食肉好感度コンテスト」。ことしも豚・鶏の多様な銘柄が一堂に会し、来場者はそれぞれの食肉をテイスティングできる。また、健康志向や食シーンへの適性などで多様化が進むウインナーソーセージの試食展示会も同会場で実施する。

 コンテストは試食審査を通して自分の好みで入賞銘柄食肉を決定できる楽しさも盛り込まれている。出品者は販路拡大に目を向けており、来場者には新たな商材の発掘の場としても注目してほしい。

 今回は「第16回銘柄ポーク好感度コンテスト」(以下、豚コン)、「第14回地鶏・銘柄鶏高感度コンテスト」(以下、鶏コン)を開催する。

 会期中4月11日、12日にブラインド試食によるアンケート審査を実施。その集計結果に基づき最終日13日の午前中に表彰式を行う。その後、銘柄名を来場者に公表して試食してもらう。なお今回は、豚コンは10銘柄、鶏コン8銘柄が出品される。

 【開始時間】

 11日=鶏コン(11〜12時)、豚コン(13〜14時)。12日=豚コン(11〜12時)、鶏コン(13〜14時)。13日=表彰式(11〜12時)。表彰式終了後、出品銘柄の試食を開催する(準備などで若干の時間変更有り)

 【試食提供方法】

 豚コンはロースの焼き肉、鶏コンはモモの角切りを焼き調理する。

 試食審査は無料なので振るってご参加いただき、みた目(豚コン)や味わい、歯ごたえなどさまざまな観点で、その違いを堪能してもらいたい。

 なお審査結果の詳細については後日、週刊「食肉通信」紙上で発表する。

第16回銘柄ポーク好感度コンテスト

銘柄名 出品者
とようら旨み麦豚 ホクレン農業協同組合連合会
甲州乳酸菌豚クリスタルポーク 大森畜産
飛騨「納豆喰豚」 堀田農産
七福豚 中部飼料
秋田純穂豚 スターゼンミートプロセッサー
つがる豚 木村牧場
マム・ハートBD豚 マルイ
京丹波ぽーく 岸本畜産
安曇野放牧豚 藤原畜産
阿波の金時豚 NOUDA

第14回地鶏・銘柄鶏食味コンテスト

銘柄名 出品者
大地のハーブ鶏 米久
あきたシャポン あきたシャポン研究会
四国匠どり 貞光食糧工業
森林どり ウェルファムフーズ
南国元気鶏 マルイ食品
華味鳥 トリゼンフーズ
地どり屋コッコの信州黄金シャモ ササキ商事 地どり屋コッコ
水郷赤鶏 丸トポートリー食品 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする